トップページ » 病院概要 » パートナーシップ

病院概要 - パートナーシップ

 岡山労災病院では、「患者様の権利」と医療者の「職業倫理」に基づき、患者様中心の医療を心がけています。患者様がより良い医療を受けていただくためには、患者様と医療者がお互いに信頼関係を築いた上で、対等の立場で協力しあって(パートナーシップ)、治療を行っていくことが大切です。当院では、患者様とのより良いパートナーシップを築き上げ、良質の医療と安全で快適な医療環境を提供するために、ご協力をお願いいたします。

1 患者様の氏名の確認について

 医療行為ごとに当院では、「人間違いを防ぐために、お名前をおっしゃってください。」または「安全のために、お名前を確認します。」とお尋ねしますので、フルネームでお答えください。
また、入院中は、多くの医師、看護師などが係ることがあります。患者様の確認方法として、リストバンドを使用しています。

2 アレルギー歴・妊娠について

 ショック予防のためアレルギー歴、薬剤の副作用歴、及び妊娠中のレントゲン被曝防止の意味から尋ねる努力をしていますが、自らも積極的に特異体質等について伝えてください。

3 過去に常用している薬剤などについて

 患者様が服用している市販の薬剤、ビタミン、ハーブ、その他のサプリメントについて医師、薬剤師、看護師に伝えてください。

4 処方内容について

 外来で処方箋を渡されたとき、担当医が説明した薬か、薬剤を手渡されたとき薬剤説明書を照合し、ご確認ください。薬の内容について詳しく知りたい方は、お尋ねください。

5 薬剤の副作用ついて

 薬剤説明書と照合して、副作用の可能性を吟味され、副作用が懸念されたら、直ぐに医師に告げてください。

6 手術・治療法の自己決定

 手術・治療を受ける前に、貴方自身が担当医、執刀医の説明について理解し、納得し、手術方法を選択していただきます。治療に関する説明は、できるだけ文書による分かりやすい丁寧な説明を心がけています。患者様の意見をよく聞かせていただき、またセカンドオピニオン制度、カルテ開示を保証し、患者様と共に治療方針を確定します。

7 質問について

 分からない時、不審な時は遠慮せずに質問してください。

8 医療チームの紹介

 入院時、担当医、医療チームは自己紹介致しますが、誰であるか自分でご確認ください。

9 検査結果説明について

 検査を受けた後、結果の説明が遅れたら、説明を求めてください。

10 禁煙について

 敷地内禁煙を厳守し、小児・妊婦をはじめとして受動喫煙防止にご協力お願いします。

11 退院後の療養生活について

 退院間近に、医師・看護師に自宅での療養についてお聞きください。