トップページ » 病院概要 » 診療に伴い発生する試料等の医学研究への利用についての同意(包括的同意)に関するお願い

診療に伴い発生する試料等の医学研究へのりようについての同意(包括的同意)に関するお願い

1.はじめに

岡山労災病院では、患者さんにより良い医療を提供する目的で、病気を解析し、病因を追及するなど最善の治療を実践しております。

2.治療に伴い発生する試料等について

あなたが岡山労災病院で診療を受けられますと、あなたの病気やあなた自身に関するいろいろな検査試料や診療情報が集められます。それらの主なものは、 病歴(カルテ)、レントゲン写真や内視鏡写真等の画像情報、血液や尿などの検査試料、診断のための生検(胃内視鏡検査等の際に組織の一部を採取すること) 試料、手術で切除した組織やその写真などです。以下、これらを「診療に伴い発生する試料等」と総称することとします。

3.診療に伴い発生する試料等の利用

診療に伴い発生する試料等はあなたの今後の診療に必要なものとして採取・保管されますが、その後診療上不必要となった場合でも医学研究のために大切な試料となる事があります。これらの試料等は(がんや感染症等)病気の発生・進行・再発・予後との関わりや、病気に伴う症状、手術、薬物療法や放射線治療などによる治療の効果・副作用などについて研究する目的で使用されます。

4.包括的同意とは

包括的同意とは、診療上発生する試料等について、医学研究や医療従事者の教育・学会発表などに利用することについて予め行う同意を意味します。

なお、試料の利用方法については、その都度岡山労災病院内の関連委員会で倫理に関する事項等十分審議されます。今後委員会での審議により認められた範囲において、患者さんの不同意の意思表示がない場合にはその試料等を研究に使用させて頂きます。

5.拒否及び撤回

研究への試料提供は自由意思によりますが、原則として、不同意の意思表示がない場合には同意があったものとみなし、試料等を研究に使用させていただきます。不同意の場合や、同意を撤回する場合には、総務課までお申し出いただき、「試料等の研究目的に関する不同意書」に必要事項をご記入のうえ、ご提出ください。

6.個人情報の保護について

これらの試料が医学研究などに用いられる場合、試料等は匿名化して取り扱われ、個人情報が外部に漏れないよう最大限の配慮が払われます。これらの試料等を利用した医学研究によって得られた検討の成績が、学会や科学専門誌などの発表に利用される場合がありますが、個人が特定できるような発表はいたしません。

7.診療に伴い発生する試料等を利用した医学研究の公開

診療に伴い発生する試料等を利用した医学研究については、その研究成果を論文などにより公開します。なお、公開内容には個人のプライバシーに関わる事は含みません。

8.現在行われている包括同意による臨床研究一覧

現在行われている包括同意による臨床研究一覧  

 

倫理委員会承認課題一覧

課 題 名 詳 細
  石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する研究            詳細はこちら
  胃癌終末期皮膚瘻を形成した患者の継続看護支援  
  NST介入によりQOL向上へつなげた中咽頭癌患者の一例       
  第4回日本褥瘡学会実態調査委員会実態調査     
  regorafenib投与後の画像変化と治療効果に関する後方視的コホート研究    詳細はこちら
    ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究 詳細はこちら
   脳卒中データバンク登録事業 詳細はこちら
  一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Datebase:JND) 詳細はこちら
  『脳卒中の医療体制の整備のための研究(J-ASPECT Study)』
      「平成29年度レセプト等情報を用いた脳卒中救急疫学調査」
詳細はこちら

 

 

9.最後に

われわれは医療水準の向上にむけて日々努力を続けております。
今後も患者さんによりよい医療が提供できるためには、診療に伴い発生する試料等を医学研究に利用させていただくことについて、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

独立行政法人 労働者健康安全機構
岡山労災病院長

お問い合わせ窓口

岡山労災病院 総務課
〒702-8055 岡山県岡山市南区築港緑町1-10-25
TEL 086-262-0131(代)内線2602