トップページ » 診療科のご案内 » 心療内科・精神科

診療科のご案内 - 心療内科・精神科

心療内科・精神科初診時 完全紹介予約制導入について

初診および当科最終受診から1年以上経過した患者様においては、医療機関から紹介状をいただき、当院地域連携室を通して予約をお取りの上で受診していただきますようお願いいたします。

 心療内科・精神科初診時 完全紹介予約制導入について

方針

精神科・心療内科領域の外来診療および、他科入院患者様を対象とした精神科連携医療を行う

特色・専門

写真1

 当院の診療圏は岡山市南部および玉野市が中心であり、工業地帯、住宅街、田園を有し、各年代の様々な背景をお持ちの患者様が受診されています。
  従って高度の専門性より、まずは様々な精神科・心療内科領域の疾患に対する診療ができることを目指しています。その中で総合病院であることのメリットは、必要な時にはすぐに血液検査、脳波検査、レントゲン検査などが可能であり、身体合併症がある患者様やご高齢の方でも安心して受診することができることです。

診療内容

写真2

 精神科・心療内科領域の外来診療 : こころ症状(精神科)や心の問題に関連した体の症状(心療内科)に対しては、問診(お話を伺う)を通して患者様が困っておられる症状を引き起こす原因を明らかにすることが、治療の基本的な考え方です。
 しかし多くの場合、症状の緩和のために薬物治療の併用が必要となります。薬物治療には症状に応じて抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬などを使い、効果と副作用に注意を払いながら用量の調整を行います。
 また物忘れ(認知症)の患者様が多く受診されますので、症状の特徴と脳の精密な画像検査(MRI検査)の結果から総合的に診断し治療しています。

 

 他科入院患者様を対象とした精神科連携医療 : 他科にご入院の患者様の中で、体の疾患や環境の変化などが原因となりせん妄状態や興奮状態などを来すことがあります。
 また、以前からこころの病気に罹っておられる患者様が体の病気を併発して当院に入院されることがあります。そのような時に直接患者様の精神的・心理的な問題に介入し治療すること(リエゾン精神医学)や医療スタッフに精神科的な助言(コンサルテーション精神医学)することにより患者様の入院治療が継続できるように努力しています。

施設認定

  • 日本精神神経学会専門医制度認定研修施設

医師紹介

主な疾患の紹介