診療科のご案内 - 循環器内科

方針

同じ病気でも治療法は一通りではなく患者様にひとりひとりに最適な治療法があると考えています。患者様との対話を大切にし満足していただける医療を目指しています。

特色・専門(センター)

写真1

循環器内科は心臓、大血管の疾患を扱う診療科です。代表的な疾患は急性心筋梗塞でこの病気は発症数時間での適切な処置が生死を分けることがあります、そのため休日・夜間も緊急対応可能な体制をとっています。
また、循環器内科は、循環器病センターを有しています。


循環器病センター

診療内容

写真2 写真2 写真2
  • 急性心筋梗塞に対しては24時間体制でカテーテルを使用した緊急の検査及び治療を行っています。
  • 狭心症等の虚血性心疾患に対して心筋核医学検査、64列マルチスライスCTによる冠動脈造影検査、最新鋭の血管造影設備を駆使した診断、及びバルーン・ステントを使用した治療を行っています。
  • 徐脈性不整脈に対するペースメーカーの植え込み、頻脈性不整脈に対する薬物治療を行っています。

施設認定

  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

医師紹介

主な疾患の紹介

治療成績・手術件数

冠動脈造影 226例
(うち血管形成術 80例)
ペースメーカー 38例
(電池交換も含む)