診療科のご案内 - 耳鼻咽喉科

方針

  1. 過不足のない最適な治療を最適の施設で。
  2. 満足度の高い診療
  3. わかりやすい説明と治療

特色・専門

耳鼻咽喉科一般

診療内容

一般的な耳鼻咽喉科の外来診療以外に 行っている治療は

  1. のどが痛い患者様で、食事ができないとか腫れて呼吸困難の可能性がある方の入院治療  
  2. 治りにくい感染症(たとえば中耳炎など)の入院治療
  3. のどに骨がかかった患者様の内視鏡をつかった摘出治療
  4. 鼻がつまる、あるいは膿のような鼻汁が長く出る患者様の治療(たとえば慢性副鼻腔炎(蓄膿)の内視鏡手術、花粉症の外来レーザー治療など)
  5. 急に聞こえが悪くなった、めまいがする、あるいは顔が麻痺した患者様の外来あるいは入院治療
  6. 首、のどのできもの(腫瘍、のう胞など)の検査、治療
  7. 味がおかしい(あるいはしなくなった)とか、臭わなくなった患者様の検査、治療

など

施設認定

医師紹介

主な疾患の紹介

治療成績・手術件数(平成24年度)

内視鏡下鼻副鼻腔手術(副鼻腔炎、鼻副鼻腔腫瘍) 約15件
喉頭微細手術(ポリープ、悪性腫瘍) 9件
扁桃摘出術 11件
鼓膜・鼓室形成術 1件
唾液腺摘出術(耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍) 2件
頚部手術(のう胞、喉頭部分切除術、頚部郭清術) 7件
その他 -