診療科のご案内 - 放射線科

方針

 院内各科および地域の医療機関との連携をはかり、質の高い放射線診療を提供します。

特色・専門

 当院の放射線科は患者様に高度な医療を優しく提供できるよう心がけています。

 画像診断では技師と医師が密に連携し、最適の検査を安全に実施しています。撮影された画像は放射線科専門医により読影され、レポートが主治医あるいは紹介医に報告されます。これらの連携を特に大切にし、院内あるいは院外において患者様の検査―診断―治療の流れが迅速かつ円滑に進み、患者様が最大の利益を得られるように努力しています。

 放射線治療では患者様にとって最適の治療となるように他科主治医と治療計画を検討し、技師と医師が協力して安全に実施しています。また、疾患によっては外来での治療も行っており、できるだけ患者様の日常生活を保ちながら治療が行えるように努めています。

診療内容

 X線単純写真、消化管透視、CT、MRI、核医学検査、マンモグラフィ等の画像検査と診断およびリニアックを用いた放射線治療を行っています。

 現在3名の放射線科専門医(内2名は日本核医学会専門医でもある)と1名の後期研修医が各種検査、診療を行っています。

 検査の大部分は当院の他科主治医からの依頼ですが、患者様中心の医療を実践するという観点から近隣の病院・医院・診療所との医療連携も重視しています。具体的にはかかりつけ医から直接当科に電話でご予約いただき、紹介状を持ってお越しになっていただければ、当科で検査と結果説明のみを行い、検査結果はかかりつけ医での治療に役立てていただくという医療連携を計っています。

写真1

 検査時間は検査の種類によってまちまちですが、結果説明は通常、検査終了後1時間以内にさせていただき、紹介状の返事と画像情報の入ったCD等をかかりつけ医に持って帰っていただくようにしております。

 検診マンモグラフィも近隣の医療機関から当科に直接ご紹介いただいて、施行しております。フィルム読影はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定資格を取得した医師が行っています。

施設認定

  • 放射線科専門医修練機関(日本医学放射線学会認定)

医師紹介

主な検査、診療の紹介

地域医療連携(院外紹介検査)

 放射線科では、CT、MRI、RI(核医学検査)、マンモグラフィなどを中心に、近隣の病院・医院・診療所の先生方からの紹介により検査を行なっています。

 近隣の先生方で、検査をご希望の際は、お気軽に放射線科受付にご連絡ください。検査の日時が決まりましたら、当院の地域医療連携室より確認のFAXを送らせていただきます。

 院外から紹介されて当科で検査された患者様の検査結果は、患者様にしばらく外来で待っていただきますが、当日患者様を通じて紹介医の先生にお返しできるようにしています。