診療科のご案内 - 腫瘍内科

方針

 現在、本邦では国民の2人に1人が悪性腫瘍(いわゆる“がん”)に罹ります。早期発見された“がん”は治癒する可能性が高いですが、進行した状態でみつかった“がん”の場合は、手術で切れたにも関わらず再発したり、手術すら困難であったり、治癒は極めて困難であり、日本人の3人に1人が“がん”で亡くなっております。
 昨今、がん診療が高度化するにつれて、“がん”に対する専門的な診療が求められています。当院は、平成24年4月より地域においてがん診療の中核的な役割を担う病院として、「がん診療連携推進病院」に認定されました。それに伴い“がん”治療の専門科として「腫瘍内科」が新設されました。
 当科では、放射線科や外科と連携し、消化器がんや肺がんなど、血液悪性腫瘍を除く固形腫瘍の患者さんの集学的治療にあたっています。最新のデータに基づいた治療を心がけており、新たな治療開発のための臨床研究にも積極的に参加しております。
 また、“がん”には身体的な痛みや精神的なストレスなどさまざまな症状が伴います。 これらの症状の緩和や精神的なサポートは、がん医療における最も重要な要素であると考えています。当科では緩和ケアチームと連携してカンファレンスを行いながら、チームとしてがん医療に関わっていくことを常に意識し、日々の診療を行っております。

ブルーリボンキャンペーンについて

 大腸がんと診断された患者さまが、居住地区に関わらず、科学的根拠に基づく治療法を知り、自らの意思で治療方法を選択し、患者さまが自身の責任において納得の上、その治療を受けられるような医療環境の実現を目指して活動を行っているブルーリボンキャンペーンにおいて、当院、谷岡 洋亮 腫瘍内科部長がアンバサダー(大使)に選出されました。

 ブルーリボンキャンペーンとは大腸がんの診断方法と、その後の外科的治療、薬物療法について広く皆様に知って頂くことを目的としています。

 生涯のうちに、国民の2人に1人ががんにかかると言われています。その中でも大腸がんは、胃がんに続き、2番目に患者数が多く、日本では毎年約10万人を超える人が新たに大腸がんと診断され、部位別がん死亡数では、女性は1位、男性は3位と、男女ともに上位に挙げられています。 一方で、医療の進歩は目覚ましく、生存期間は延長し、がんになってもがんと共生しながら生きることが可能な時代になってきました。こうした中で大切なことは、患者自身が科学的根拠のある治療法を知り、自身のがんのタイプや希望・ライフスタイルに合わせて納得のいく治療選択をすることです。
しかしながら、未だ治療に関する情報は充分ではなく、患者さんやご家族は科学的根拠のない情報にさらされることも少なくありません。
 そこでキャンサーネットジャパンでは、2011年より、大腸がん疾患啓発活動として「ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと~」と銘打ち、全国各地にて、大腸がん治療の専門医を招き、大腸のがんの予防検診・診断検査、外科治療、薬物療法について、計16回のセミナーを開催してまいりました。 4年目を迎えた今年は、さらに多くの方々に正しい情報をお届けできるよう、セミナーを含めた啓発活動を「ブルーリボンキャンペーン」に拡大し、科学的根拠に基づく大腸がんの診断方法と、その後の外科的治療、薬物療法について広く皆様に知って頂くことを目的としています。

ブルーリボンキャンペーンについてはこちら

 

写真1

医師紹介

写真2

診察日

水曜日<谷岡 洋亮>
木曜日 13:30~16:00<谷岡 洋亮>
金曜日 9:00~12:00<藤本 伸一>