募集のお知らせ初期臨床研修医募集

募集記事

募集要項・願書ダウンロードはこちらへ 研修プログラムはこちらへ

病院データ

マッチングへの参加状況
参加
指定基準

基幹型

協力病院名:慈圭病院

研修協力施設名:

岡南産婦人科医院、山陽病院、中谷外科病院、あけぼのクリニック、こうなんクリニック、野坂医院

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 免疫・衛生学分野、(財)中国労働衛生協会、岡山産業保健総合支援センター、岡山県労働基準協会労働衛生センター、岡山県赤十字血液センター

診療内容紹介

診療の特徴、実績

 当院は被災労働者に対する早期治療・早期社会復帰を目的に昭和30年に開設された。

その後、患者数の増加など地域の医療需要に対応すべく診療体制の整備を図り、現在では358床を有する総合病院となっている。

職業性疾病の予防と治療、高齢化する勤労者の健康管理と職場適応等の問題に積極的に取り組むとともに、二次救急を含め地域の中核病院としての責務を果たしている。

救急医療の提供の実績

医療計画上の位置づけ
二次
救急専用診療室の有無
有り
救急医療を行う診療科
全科
患者数
救急外来患者 25.0名(28年度実績・1日平均)
救急車搬送患者数 7.9名(28年度実績・1日平均)

研修医当直

回数
月平均3~4回(当直手当て 有り)

教育体制

研修管理委員長名および役職
副院長、麻酔科部長 下田 豊
研修プログラム
別紙
臨床病理研究会(CPC)の実施状況
※平成28年度実績 回数 : 5 / 剖検数 : 11件
図書室
有り
インターネット利用環境
利用可 : 利用可能場所 (図書室)・各机
学会、研究会への参加費用支給
有り

病院見学

実施時期
相談により随時
申込、問合せ先
副院長、麻酔科部長 下田 豊または総務課
TEL : 086(262)0131 内線 : 2603
FAX : 086(262)3391
E-mail : shomu2@okayamah.johas.go.jp
見学時の宿舎の紹介
宿舎見学可。

研修医募集人数

募集予定人数
6名 (病院全体で募集する数)
応募資格
1 平成30年3月医学部卒業見込者または医学部卒業者。
2 医師国家試験既合格者及び平成30年3月医師国家試験受験予定者で、当院での2年間の初期臨床研修を希望し、医師臨床研修マッチング協議会が行うマッチングに参加する者。

処遇

研修手当
一年次 約430,000円
二年次 約470,000円
(給与は月額、税・諸手当込み)
社会保険、労働保険
公的医療保険 有
公的年金保険 有
国家・地方公務員災害補償法の適応 無
労働者災害補償保険 有
医師賠償責任保険の扱い
病院自体の加入 有
個人加入 任意
宿舎 

有 (単身用)

宿舎外観
宿舎内装 宿舎内装
宿舎内装 宿舎内装
宿舎費
単身用 : 8,000~16,000円前後/月
宿舎と病院の距離
病院敷地内及び病院から約700m
移動手段と所要時間
徒歩約5分

平成29年度応募方法・試験概要

1 申込締切
第1回目 平成29年7月 7日(金)必着
第2回目 平成29年7月21日(金)必着
第3回目 平成29年7月27日(木)必着
第4回目 平成29年8月10日(木)必着

2 選考日時及び選考方法
【選考日時】
第1回目  平成29年7月15日(土)
第2回目  平成29年7月28日(金) 
第3回目  平成29年8月 4日(金)  
第4回目  平成29年8月18日(金)  

【選考方法】
筆記試験(小論文含む)、書類、面接審査  
3 応募必要書類
■願書 (当HPよりダウンロード)
■履歴書(市販のもので可、写真貼付)
■卒業(見込)証明書
■健康診断書
応募連絡先
担当課、担当者名 総務課 藤原・富永
TEL : 086(262)0131 内線 : 2603
FAX : 086(262)3391
E-mail : shomu2@okayamah.johas.go.jp
住所:〒702-8055 岡山市南区築港緑町一丁目10番25号
受験時の宿舎の紹介

現在の研修状況と進路

研修中の人員
1年次 : 4人、2年次 : 4人、後期研修医16名
研修医の主な出身大学
岡山大学、山口大学、高知医科大学、宮崎大学、川崎医科大学、関西医科大学、徳島大学、産業医科大学、大阪医科大学、北里大学、金沢医科大学、東海大学、帝京大学、琉球大学
研修終了後の進路
岡山大学病院、国立病院岡山医療センター、高知県立安芸病院、岡山大学大学院、福山循環器病院、中町日赤病院、九州大学医学部附属病院、新小倉病院、岡山市立市民病院、愛媛県立中央病院、香川労災病院、尾道市立市民病院、旭川莊療育センター、国立国際医療センター、岡山済生会病院、広島市立広島市民病院、産業医科大学病院、岡山赤十字病院、東京慈恵会医科大学付属病院、福岡新水巻病院、岡山協立病院、慈圭病院、神戸赤十字病院、倉敷中央病院、松山赤十字病院

メッセージ

院長から一言
 岡山労災病院は、人々が健康で快適に働けるよう、働く人とそれを支える方々の健康と福祉のために、力を注いでいます。診療科は21科あり、それぞれの診療科は特色を持ったレベルの高い診療を行っており、特に本院の得意分野である、アスベスト疾患などを扱う呼吸器、循環器、糖尿病、消化器病、整形外科領域の人工関節、腰痛、そして脳卒中などの診療科の枠を超えた8センターで専門的な医療を行っています。ことに外科、整形外科分野では、低侵襲で治療する内視鏡手術を多数実績しています。
 また、地域医療支援病院の指定を受け、今年は新基準での日本医療機能評価機構の認定病院となり、地域の中核病院として発展を続けています。
 研修医の指導は、本院が重点的に取り組んでいることであり、マンツーマン指導のもとで研修医の自主的な研修プログラムを採用するなど新しい試みを進めています。充実した初期研修を行うところとしては、病院の規模が適切であり、病院が一体となっている診療体制が実施されており、特色のある優れた指導医が多い本院は、意欲のある多くの研修医の、医師として最も重要な最初の研修を行う病院としてふさわしいと考えます。多くの応募を期待しています。
指導医から一言
 感性豊かではあるが、その感情に押し流されないタフさを持った若者に来てほしい。当院は実技中心でやってもらおうと思うので、意欲のある人は一度研修医の仕事を見に来て下さい。2年間でプライマリ・ケアを習得するには多くを学ぶ必要がある。将来自分が専攻しようとする科以外の事象にも貪欲に興味と時間を割いて欲しい。
当院の研修の特徴は、
  1. 全科の垣根が低く、困った時に各科の先生に相談しやすい
  2. 中堅の医師が多く、また指導も担当しており常に最新の医療を意識している
  3. 研修システムを長年やっており、何科志望に関係なく実技を修得してもらえる体制がある
  4. 研修医が見学に終わるのでなく、診断から治療に参加してもらい、2年終了時には1人当直が可能である位の実力がついている等
色々盛りだくさんです。何より当院は患者さんからの評判もよく、岡山大学からもたくさんのポリクリ実習の学生が来ます。最後に、やはり当院は医師の連携がよく、明るい職場であることが自慢の一つです。是非一度見学に来ていただけると良いと思います。病院見学は、随時受け付けておりますので、ホームページのアドレスにアクセスください。やる気のある研修医には必ず期待にそえると思います。