岡山労災病院 消化器病センター

岡山労災病院

消化器病センターについて

もっとも診療件数の多い疾患のひとつである消化器疾患において迅速かつ効率的で、より優しい医療の提供を目指しています。

 当院では,院外の先生方から直接検査の予約をしていただけるシステムを導入しています.検査前の来院は必要なく,重症または緊急でなければ,ご来院当日に検査を行うことができます.お電話1本でお気軽にご予約下さい。詳しくはこちら

消化器病センター概要

方針・特色・専門

消化器イラスト  当センターは、もっとも診療件数の多い疾患のひとつである消化器疾患において、消化器内科医と消化器外科医がより密に連携・一体化し、積極的統合を図ることにより、患者さんにより質の高い医療を、より迅速に提供することを目的として開設されました。センター化によって、消化器疾患の診断から治療までを一貫して行える体制を構築し、患者さんにとってより迅速かつ効率的で、より優しい医療の提供を目指しています。

 診療体制として、内科・外科統合の消化器科病棟を6階オレンジ病棟に設け、これにより内科系・外科系の医療チームで診療にあたることを可能にしています。外科的手術を要する患者さんにも手術前後、同じスタッフでサポートできるようにしました。また、内科・外科合同カンファレンスによる治療方針の検討を積極的に導入することにより、両科の利点を踏まえた、より柔軟性のある視点から診療できるようしています。

 さらにここ数年の内視鏡検査件数の増加に伴って、新病院では内視鏡室を拡張し、今までより広くゆったりとした内視鏡室で検査を受けていただけるようになりました。経鼻内視鏡検査も開始しております。経鼻内視鏡は先端部外径が4.9mmと細径ですが、広く使われている外径9mm前後の経口内視鏡と同等レベルの高画質が得られます。患者さんにより負担の少ない検査をご提供できます。

 活動内容は早期癌(食道・胃・大腸)に対する粘膜切除術・粘膜下層剥離術、静脈瘤における内視鏡的硬化療法・結紮術、ポリープ切除、内視鏡的胃瘻・腸瘻造設術、小腸カプセル内視鏡、小腸バルーン内視鏡、内視鏡的胆管・膵菅造影など積極的に施行しております。

  また従来以上に、24時間体制で消化管出血や閉塞性黄疸、急性化膿性胆管炎などの緊急内視鏡処置や、急性腹膜炎などに対する緊急手術に対応することが可能となっています。

PAGETOP

診療実績

 2012年2013年2014年2015年2016年
上部消化管内視鏡検査 3354 3159 3461 3957 4245
内視鏡的胃粘膜下層剥離術[ESD] 30 22 36 56 43
下部消化管内視鏡検査 1421 1396 1491 1748 1730
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術[EMR] 327 354 377 520 466
内視鏡的大腸粘膜下層剥離術[ESD] 11 12 16 14 22
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査[ERCP] 159 189 150 160 208
内視鏡的砕石術 49 53 56 63 102
内視鏡的胆道ステント留置術 52 68 64 61 71
小腸内視鏡検査 12 11 12 19 24
カプセル内視鏡検査 5 7 4 4 10

PAGETOP

メンバー

PAGETOP

Copyright (C) Okayama Rosai Hospital. All Rights Reserved.