岡山労災病院 アスベスト疾患ブロックセンター

岡山労災病院

アスベスト疾患ブロックセンターについて

アスベストによって発生する疾患等に関する相談、診断、治療を行います

アスベストによって発生する中皮腫、肺がん、石綿肺、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚の診断・治療および病態である胸膜プラークの健康診断などとこれらに関する相談に応じます。
中四国地方の拠点病院ですが、全国の皆様に対応しております。

お知らせ

  • 2012/8/18
    朝日新聞 に取り上げていただきました。
    この記事では、アスベスト肺がんについての内容を御覧になることが出来ます。(PDF:348KB)
    サムネイル

PAGETOP

概要

設置目的

 最近、社会問題としてマスコミ等で大きく報道されているアスベストによる健康障害について、従来から岡山労災病院では診断、治療、研究を専門的に行っております。
 今般、アスベスト関連疾患に対して広範な取り組みを行い、医療面での社会的貢献を行うことを目的として「岡山労災病院アスベスト疾患ブロックセンター」を設置しました。

PAGETOP

業務内容

 アスベストばく露者、アスベスト関連疾患患者を対象に健康相談、健康診断、診断・治療を行うとともに、アスベスト関連疾患に係る症例収集を行います。
 また、地域医療機関、事業所衛生管理者等への支援を広域的に行います。

PAGETOP

相談窓口

月曜日〜金曜日(祝日を除く)14時〜16時30分
(専用電話)086−261−7810

※電話相談のみならず来院される方には対面相談や中皮腫、石綿肺がんのセカンドオピニオンも承ります。
また、石綿肺がん診断に不可欠な肺内石綿小体数の算定も受けております。

PAGETOP

メンバー

PAGETOP

Copyright (C) Okayama Rosai Hospital. All Rights Reserved.