部門のご案内 - 薬剤部

業務内容・特徴・特色

入院薬剤管理指導業務

写真

 入院中の患者様に処方調剤された薬について、必要に応じて薬の効果、飲み方、使い方、注意点などをお一人おひとりの状態に応じて、わかりやすく説明します。また、副作用や他の医療機関等で処方調剤された薬との飲み合わせのチェックなどに努めながら、医師や看護師と協力し、的確な治療を支援しています。

糖尿病教室

 医師、看護師、管理栄養士、理学療法士とチームを組んで説明・指導に当たっています。患者様に正しく理解していただき、正しい知識をもって、合併症(腎症、網膜症、末梢神経障害)を起こさないよう病気と治療についてわかりやすく説明・指導しています。薬剤師は、薬(血糖降下剤やインシュリン注射)の効果、飲み方、使い方、注意点、保管方法をわかりやすく説明・指導しています。

中心静脈栄養の無菌調製

 手術の後などで食事ができない場合に、身体に必要な水分、アミノ酸、糖、電解質(Na,K)等の各栄養素を中心静脈血管から注入することがあります。特に、中心静脈血管からの注入は、長時間連続での点滴となるため、細菌汚染がないよう専用無菌室で混合することで感染防止を図っています。

がん治療の支援

写真

 がん治療においては、患者様それぞれの状態に合わせた抗がん剤の種類や投与量、投与間隔などが重要となってきます。薬剤部では抗がん剤による治療が計画どおりに正しく行われているか等を検査結果も含めて総合的に確認しています。さらに、抗がん剤はすべて薬剤師が安全キャビネットと呼ばれる専用の設備の中で安全かつ無菌的に調整を行っており、これらの業務を通して患者様のがん治療の支援を行っています。

チーム医療への参加

写真

 当院では疼痛緩和チーム、栄養サポートチーム、感染対策チームなどといった様々な職種により構成される医療チームが活動していますが、薬剤部ではこうしたチーム医療にチームの一員として積極的に参加して患者様の治療支援に深く関わっています。

岡山労災病院 臨床試験の支援

 当院では国の定めた基準に従って倫理的、科学的に適正な治験(新しいお薬を広く使えるようにするための試験)を実施しております。薬剤部はその事務局や治験薬の管理などの業務を行いながら、安心して参加していただける治験を支援しています。

写真9

  1. 表紙と目次
  2. 岡山労災病院治験に係わる標準業務手順書
  3. 岡山労災病院臨床治験審査委員会標準業務手順書
  4. 岡山労災病院臨床治験審査委員会委員名簿
  5. 岡山労災病院臨床治験審査委員会議事録

 2017年度 議事録一覧

 2016年度 議事録一覧

 2015年度 議事録一覧

 2014年度 議事録一覧

 2013年度 議事録一覧

 2012年度 議事録一覧

 2011年度 議事録一覧

 2010年度 議事録一覧

 2009年度 議事録一覧

 

スタッフ紹介

  • 竹田 克明
  • 猪股 英幸
  • 太田 雅俊
  • 小田 貴子
  • 岡本 知久
  • 岡本 裕子
  • 徳山 ことみ
  • 横田 瑠美
  • 西 隆之介
  • 森下 友紀
  • 井上 結夏
  • 藤里 駿
  • 役重 知海
  • 織田 由美