部門のご案内 - ME

概要

写真

臨床工学技士は工学と医学の技術と知識を生かし、病院内にある生命維持管理装置の操作及び保守点検を行い、様々な治療に携わって います。
その他の医療機器についても、常に正確に作動するよう保守管理を行い、病院内のスタッフが医療機器を安全かつ正確に使用できるよう指導・教育しています。


人工呼吸器関連業務

 何らかの原因で、呼吸が出来ないまたは、非常に弱い場合に呼吸を補助するために人工呼吸器が用いられます。
臨床工学技士は人工呼吸器を使用している患者さんの所に出向き、作動状況や設定について確認しています。
また、人工呼吸器は中央管理も行っており、使用後点検や定期点検の実施・管理も行っています。


人工呼吸器

人工呼吸器 写真 人工呼吸器 写真

 気管の中に管を入れて、肺に強制的または患者さんの呼吸に合わせて補助的に空気を送り込むことで人工的に呼吸を行う機械です。


NPPV器

NPPV器 写真 NPPV器 写真

 鼻と口を覆うマスクを利用して、空気を送り込み患者さんの呼吸を補助する機械です。
気管の中に管を入れないので、患者さんの負担も少なく、会話や食事も可能です。
ただし、意識があり、マスクを装着することへの協力が得られ、重篤な状態でない(ショック状態でない)ことが必要です。


陽・陰圧体外式人工呼吸器

陽・陰圧体外式人工呼吸器 写真

 RTXは押管や気管切開をすることなく、生理的な呼吸様式に近い換気法の人工呼吸器です。
また、排痰を目的としたクリアランス(排痰)モードが搭載されてます。
このモードはバイブレーション(振動)とコフ(疑似咳)を組み合わせることで分泌物の喀出を促進させるモードです。

血液浄化関連業務

 腎臓や肝臓が悪くなると、体内の老廃物を体外に出せなくなり、様々な障害が起こってきます。
このような状態の患者さんに機械を使って血液をきれいにする治療(血液浄化法)を行います。
当院ではICUに個人透析装置を1台、MEセンターに血液浄化装置を1台所持しており、各種血液浄化療法を施行できるようにしています。
臨床工学技士は医師からの依頼・指示の下、これらの機械を使用して、準備・施行・管理を行っています。


血液透析

血液透析 写真

 当院ではICUに個人用の透析装置を所有しており、主に急性腎障害の患者さんに対して、血液透析を行っています。


持続緩徐式血液濾過透析

持続緩徐式血液濾過透析 写真

 急性腎障害があり、循環機能が安定しない等で血液透析が不向きな場合にはCHDF(持続緩徐式血液濾過透析)等を行っています。


その他の血液浄化療法

その他の血液浄化療法 写真

各種病態に対して以下の治療も行っています。
・血漿交換(PE)
・エンドトキシン吸着(PMX)
・白血球除去療法(LCAP)
・腹水胸水濾過濃縮再静注(CART)


自己末梢血幹細胞採取(PBSCH)

自己末梢血幹細胞採取(PBSCH) 写真

自己末梢血幹細胞移植(PBSCT)を行うため、専用の機械を使って、体外循環させた血液を遠心分離して、末梢の造血幹細胞を採取します。
臨床工学技士はこの機械の準備・操作を行います。

循環器関連業務

 循環器内科医師、看護師、放射線技師、臨床工学技士らで連携し、心臓カテーテル検査や心筋梗塞等の治療を行っています。
カテーテルや冠動脈ステント等を常備しており、様々な心臓疾患の治療に対応できるようにしています。
臨床工学技士は、ポリグラフの監視および操作、IVUS(血管内超音波診断装置)操作及び治療補助業務を行っています。
また、緊急時に使用されることの多い、体外式ペースメーカや補助循環装置(IABP・PCPS)の操作も行っています。


ポリグラフ

ポリグラフ 写真

 心電図や血管内圧、心房・心室内圧などを計測・記録・監視して、心臓カテーテル検査や治療が安全かつ、スムーズに行えるようにしています。


IVUS

IVUS 写真

 血管内超音波診断装置で、専用のカテーテルで心臓の血管(冠動脈)内を360度の画像として表示します。


IABP

IABP 写真

足の付け根の動脈(大腿動脈)より挿入し、大動脈内にバルーンを留置して、心臓の動きに合わせてバルーンを拡張・収縮することで、心臓の機能を補助する装 置です。

ペースメーカ関連業務

 何らかの原因で、心臓を動かすための電気刺激がうまく伝わらなくなり、徐脈になると、日常生活に必要な酸素を体中に送れなくなり、めまいや息切れを起こしてしまいます。
ペースメーカは、心臓に電気刺激を与えることで脈を調整し、平常の心拍数を保つことができます。
臨床工学技士は心臓カテーテル室において、医師と一緒にペースメーカ植込み作業の一部(波高値計測、閾値計測、動作設定、植込み登録等)を行っています。
また、定期的にペースメーカが正常に動作しているかの確認を外来にて行っています。


ペースメーカ

ペースメーカ 写真

 ペースメーカ本体は500円玉位の大きさです。これを左右どちらかの鎖骨下あたりの皮膚下に埋め込みます。
刺激電極はリードと呼ばれる導線によってペースメーカ本体に接続され、電気刺激を与えます。


ペースメーカプログラマ

メドトロプログラマ 写真

 植え込まれたペースメーカの動きを確認したり、動作設定を変更したりします。臨床工学技士はペースメーカプログラマを使用しての業務になります。


体外式ペースメーカ

体外式ペースメーカ 写真

刺激伝導系の異常により高度徐脈になった場合、一般的なペースメーカとして用います。
臨床工学技士は医師の指示によりこの機器を操作して、自己脈の波高値・センシング閾値・ペーシング閾値を測定しレートと出力を設定します。


PCPS

PCPS 写真

足の付け根から静脈と動脈に、それぞれチューブを挿入します。
ポンプにより血液を体外に導き、人工肺で酸素化してから体内に戻すことで、心臓と肺の機能を補助する装置です。

消化器関連業務

 内視鏡室では様々な検査・治療が行われています。臨床工学技士は検査・治療に対して用いる機器の操作及び管理を行っています。
また、検査・治療中の患者さんの不安や苦痛を軽減するために、処置等の介助も行っています。


高周波手術装置・アルゴンプラズマ凝固装置

高周波手術装置・アルゴンプラズマ凝固装置 写真

 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)と呼ばれる治療に用いられます。
また、剥離した時に生じる出血を凝固止血することができます。


ラジオ波焼灼装置

ラジオ波焼灼装置 写真

 腫瘍組織内に電極針と呼ばれる針を穿刺し、ラジオ波を発生させる機器を用いて、腫瘍組織を熱疑固、壊死させます。

手術室関連業務

 手術室では術中自己血回収、ラジオ波焼灼術、末梢血管形成術等において使用される機器の操作や、手術室にある医療機器の保守点検を行っています。


自己血回収装置

自己血回収装置 写真

 手術中に出血した血液を吸引し、遠心分離により濃縮、洗浄を行い、濃厚赤血球液を作成することができる機械です。
出血した自己血を回収することで、輸血を減少させる事ができ、輸血による合併症を回避することができます。


ラジオ波焼灼装置

ラジオ波焼灼装置 写真

 腫瘍組織内に電極針と呼ばれる針を穿刺し、ラジオ波を発生させる機器を用いて、腫瘍組織を熱疑固、壊死させます。


麻酔器

麻酔器 写真

 麻酔器については、月に一度点検を行っています。
また、年に一回メーカーにより定期点検を行うように計画・実施しています。


その他機器

その他機器 写真

 その他、様々な機器の点検等を行っています。

機器管理業務

 MEセンターでは輸液ポンプ・シリンジポンプ・経腸栄養ポンプ・人工呼吸器・低圧持続吸引器・酸素テント・生体情報モニター(一部のみ)を中央管理しており、除細動器、AED(自動体外式除細動器)などは分散管理で定期的な保守点検を行っています。
中央管理機器については貸出・返却・点検を行い、安全な医療機器を提供できるように努めています。


輸液ポンプ、シリンジポンプ、ポンプチェッカ

輸液ポンプ 写真 シリンジポンプ 写真 ポンプチェッカ 写真

 薬剤を正確に投与するための機器です。
専用の測定器を用いて、流量精度等の測定を行い、正常に作動する事を確認します。


経腸栄養ポンプ

経腸栄養ポンプ 写真

 経腸栄養剤を設定した時間あたりの流量で持続的に注入するための機械です。
経腸栄養に伴う誤嚥性肺炎や下痢のといった合併症の予防になります。


人工呼吸器・アナライザ

人工呼吸器・アナライザ 写真 人工呼吸器・アナライザ 写真

 呼吸を補助する生命維持管理装置です。専用の測定機器を用いて、酸素濃度等の測定を行い、正常に作動することを確認します。


除細動器

除細動器 写真

 心臓が痙攣し、血液を送り出す機能を失った状態(心室細動)になった時に、心臓に電気ショックを与えて、心臓が正常なリズムで動くように戻すための機械です。


AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器) 写真

 除細動器と同様に、心臓に電気ショックを与えて、心臓のポンプ機能を正常に戻すための機械です。
操作方法が音声によりガイダンスされ、機械が電気ショックの必要があるかを判断して教えてくれます。
高度な専門知識がなくても、誰でも安心して使用することができる機械です。


低圧持続吸引器

低圧持続吸引器 写真

 手術後等で発生する分泌物を、持続的に弱い陰圧をかけて体外に排出吸引する機械です。
専用の台車もあり機械を装着したまま、患者さん自身が歩行移動することができます。


酸素テント

酸素テント 写真

 ベッド上で頭部あたりをビニールでできたシートで覆い、その中に酸素供給します。
テント内の酸素濃度上げて、呼吸させることができます。


生体情報モニタ

生体情報モニタ 写真

 心電図・血圧・呼吸・酸素飽和度といった生体情報をモニタリングする装置です。
モニタリングしてる情報に異常が発生した場合、アラームを鳴らしてスタッフに知らせることができます。
その場でモニタリングする事もできますが、病棟では有線または無線にてナースステーションへ送信して、セントラルモニタでモニタリングすることができます。


ME機器管理ソフト

ME機器管理ソフト 写真

 ME機器管理ソフト(マイメンテ)を用いて、ME機器の情報を登録しています。
また、中央管理機器はバーコードを利用して、簡単に貸出・返却を出来るようにしています。