部門のご案内 - 救急部

概要

「機能の集中・拡大、救急部」

写真1

 この度、岡山労災病院の増改築が完了し平成25年5月1日に開院となりました。それに伴い急性期医療に対応するため、ICUも10床に増床しHCUも8床開設されました。CT、血管造影装置などほぼ全面的に最新の診療機器を整備し、内視鏡検査室も拡張されました。当院では、年間10000例の救急患者、年間約2,500台の救急車の搬入台数があります。これらの患者様に対し24時間体制で各科急患担当医師が対応しております。時間外勤務時間帯では、内科系医師2名、外科系医師2名、ICU医師1名、看護師2名で当直を行い、救急車の受け入れを含めた救急患者への細かい対応に努めております。また薬剤師、放射線技師、検査技師、事務職も当直体制を敷いて、検査、診断、処方等に対応しております。今回の増改築では、救急室には診察室3室、広い救急室1室と点滴・処置エリアができました。また隣のエリアに放射線部、内視鏡室があり、またエレベーターが近く、ICU、CCU、手術室へのアクセスも良くなっています。これらのメリットは、①ウォークインの方と救急車搬入の方を同じエリアで診察、処置等もできることにより同時にたくさんの方々の管理ができ、②迅速に、診断、治療の場に移送することができます。しかし最大の改善は、救急室には専属の認定看護師を含む2名の看護師が配属されたことです。これからも今まで以上に地域の皆様が安心して生活して頂けるように、救急部一丸となって頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

業務内容

救急外来

写真2 写真3 写真1

 日勤帯は、内科系の予約外の方の診療(急患の方)を総合内科外来で、外科系の方は、それぞれ適応の科で対応しています。夜間帯、ウォークインの急患の方々の診療をしております。簡単な処置および点滴治療なども同じ領域内で行っており、常に看護師、医師が居ますので安心して治療が受けられます。また、薬剤師、放射線技師、検査技師、事務職も当直体制を敷いて、検査、診断、処方等に対応しております。

当院では、緊急CT、MRI、血管造影および血管内治療も24時間体制で行えますので、脳卒中、心筋梗塞等の3次救急にも十分対応できております。

集中治療部

 当院では、ICUが10床、HCU8床あり、年間3,000人近くの入室患者があります。脳・循環器疾患をはじめ呼吸不全、多発外傷など多彩な重症疾患に対し、各科から専門医師が対応しています。ICUおよびHCUには専属医師が常勤しており、重傷患者管理に当たっております。また、家族の方が面会しやすいように、ICUでは個室も完備しております。

平成29年度実績

救急患者数 8,962人
救急車搬入台数 2,904台
来院時心肺停止患者数 77人
救急搬送患者退院率 90.1%
ICU入室患者数 1日平均 5.2人

医師スタッフ