「教えあい・育てあい・認め合い・支え合い」という
“4つの愛”をマインドにして、地域の方々に貢献

岡山ろうさい病院看護部は、「信頼される看護を提供し、地域の人や働く人が その人らしく生きることを支援する」という理念を実現するため、常に真摯な姿勢で看護に向き合っています。そして看護師一人ひとりが、「おおらかに教えあい・育てあい・認めあい・支えあう」という“4つの愛”のクローバをマインドに、看護に取り組んでいます。

この基本姿勢の核となるのが、人材育成です。クリニカルラダーに基づいて、それぞれの目標・個性・到達度などに応じてキャリアアップし、専門的なスキルを有するスペシャリストやエキスパートに成長していける教育体制を整えています。


一人ひとりの可能性をかたちにして
自分らしく輝ける影響があります。

また、すべての看護師が人としても成長し、こころ豊かな人生を歩むことができるよう、ワークライフバランスに力を入れていることも大きな特長です。無理なく働ける勤務体制や、小さな子どもをもつママさんナースに対する育児支援もそのひとつ。このように看護の質向上と職員の充実した暮らしにつながる体制づくりに、積極的に取り組んでいます。

看護の重要性は今後ますます高まり、活動の場が広がっていくことは間違いありません。看護部は次代を担う看護師を育成するため、技術だけでなく、患者さまの気持ちに寄り添える豊かな感性を育てていきたいと考えています。より良い病院にしていくため、あなたの個性を発揮して、自分らしく輝いてください。

看護部長



  • 岡山ろうさい病院Q&A
  • キャラクター紹介
  • 基本マナー
  • 岡山ろうさい病院